ホーム » JKAトピックス » JKA8月のトピックス

JKA8月のトピックス

JKA8月のトピックス

JKA8月のトピックス

◎新しい仲間が増えました!
永年会員 一般会員 合計
8月新規会員数 24 326 350
2022年度 新規会員数 104  1,549  1,653
2022年度 会員数  18,698  19,541 38,239

 

総本部 国内指導状況

指導員名 出張先 期間
今村副首席師範 北海道 8/6~8/7
栗原(一晃)指導員 横浜創学館 8/15~8/21
植木首席師範 佐賀県 8/20~8/21
椎名(勝利)指導員 富山県 8/27~8/28
根本指導員 千葉工業大学 8/31~9/6

 

総本部 海外指導状況

指導員名 出張先 期間
小倉副首席師範・栗原(一晃)指導員 スイス 8/3~8/12
谷山指導員 ミャンマー 8/3~8/24

 

オンライン稽古

8月は海外向けにオンライン稽古を4回(個人対象に3回、団体対象に1回)行いました。

 

★新指導員からの一言栗原 秀元 指導員・掃詰 開士 指導員・廣瀬 光 指導員

【栗原指導員より】

首席師範はじめ先輩方のご指導のおかげで本部指導員になることが出来ました。そして今の自分があるのも、家族や仲間の支えがあったからこそだと思います。これからも感謝の気持ちを忘れることなく、指導員の名に恥じない試合、指導を心掛け、誰もが驚く技を磨き続けたいと思います。

【掃詰指導員より】

日本空手協会の道場訓にある「人格完成に努めること」
この言葉通り、空手道の技術だけを磨いていくのではなく、厳しい稽古の中で「人格の完成」を目標に日々鍛錬を積み重ねていきたい、さらには、自分自身の鍛錬だけではなく、空手道に携わる方々にも自分の積み重ねた技と心を伝えていきたいと思っております。これからもより一層、精進して参ります。 押忍

【廣瀬指導員より】

空手家として恥じぬよう稽古に勤しみ、また、日本空手協会の指導員として会員の皆さまの手本となれるよう日々精進して参ります。これから先の人生でも、人として成長していく過程で空手道を通してその学びを背中で魅せることができる指導員になりたいです。

公益社団法人日本空手協会は内閣府認定の公益法人として品格ある青少年育成につとめております。
当会主催の全国大会には、内閣総理大臣杯、及び文部科学大臣杯が授与されております。