ホーム » 大会結果 » 日本空手協会群馬県本部第24回大会 報告・結果

日本空手協会群馬県本部第24回大会 報告・結果

日本空手協会群馬県本部第24回大会 報告・結果

日本空手協会群馬県本部第24回大会 報告・結果

2024年4月20(土)高崎アリーナ

開会式で矢澤敏彦会長、真下治彦本部長が挨拶。今年は、ここ高崎アリーナで7月6、7日に全国大会、10月25、26、27日に世界大会を開催予定。群馬県選手の活躍が期待される。

選手宣誓は、群馬松濤塾の根津夏妃選手が行った。本大会高校生の部で個人組手優勝、形準優勝と全国大会の活躍が期待される。

一般男子組手は、高崎支部の矢澤拓真選手が優勝。一般女子組手は渋川空友館の今井絢香選手が優勝。また一般男子形は高崎支部の山口南緒選手が優勝。一般女子形は群馬松濤塾の石田風吹選手が優勝となった。一般選手の全国大会活躍が期待される。

高校生男子は、高崎支部の龍見侑曉選手が形優勝、組手は福田弦太選手が組手優勝。高校生女子形は箕輪支部の齋藤礼奈選手が優勝。組手は群馬松濤塾の根津夏妃選手が優勝となった。高校生も全国大会の活躍が期待される。

本大会の個人性及び団体戦ともに、渋川空友館と群馬松濤塾の活躍が際立っていた。

本大会で上位4名の小学生、中学生(小学3年生以上)の選手は8月3日、4日で静岡県エコパアリーナで行われる全国大会に出場する。群馬県選手団の活躍が期待される。

 

【大会結果】

 

公益社団法人日本空手協会は内閣府認定の公益法人として品格ある青少年育成につとめております。
当会主催の全国大会には、内閣総理大臣杯、及び文部科学大臣杯が授与されております。