ホーム » JKAトピックス » JKA7月のトピックス

JKA7月のトピックス

JKA7月のトピックス

JKA7月のトピックス

◎新しい仲間が増えました!
永年会員 一般会員 合計
7月新規会員数  10  330 340
2022年度 新規会員数  80  1,223  1,303
2022年度 会員数  18,670  19,333 38,003

 

総本部 国内指導状況

指導員名 出張先 期間
谷山指導員・高橋指導員 北海道 7/2~7/3
栗原(一晃)指導員 愛知県 7/16~7/17
志水指導員 埼玉県 7/17
谷山指導員・高橋指導員 防衛大学校 7/31~8/2

 

総本部 海外指導状況

指導員名 出張先 期間
椎名(勝利)指導員 アメリカ 7/13~7/18
今村指導員 アメリカ  7/13~7/19
小林指導員 コロンビア 7/18~7/24
栗原(一晃)指導員  ハンガリー 7/18~7/25
中指導員 メキシコ 7/18~7/26
椎名(勝利)指導員  ハンガリー 7/19~7/25
小林指導員 アメリカ 7/25~8/2
平山指導員・大隈指導員 ドイツ 7/30~8/7

 

オンライン稽古

7月は海外向けにオンライン稽古を3回(個人対象に2回、団体対象に1回)、段審査会を1回行いました。

 

★指導員からの一言(半崎指導員)

内閣総理大臣杯 第64回全国空手道選手権大会

2022年7月9日・10日の二日にわたって内閣総理大臣杯第64回全国空手道選手権大会が開催されました。

昨年の第63回大会は新型コロナウイルス感染予防対策を第一義に考え、かなりの時間を要して準備を行った結果、無事に開催することができましたが、このことで今大会に対する気の緩みが起きないようスタッフの皆さんには注意を促し、さらに安全安心な大会を開催できるよう準備に努めました。

また、今大会では社会一般のスポーツ観戦の事例を多方面から調べ、来賓の席を用意することとし、観客席には関係者 (こちらからの要望を満たした人のみ) の観戦を認めることにしました。通常時に比べるとまだ観客数は少ないままですが、拍手が沸き起こることで従来の大会の雰囲気が多少戻り、選手のモチベーションが高まったと感じることができました。

出場選手に関しても、団体、 個人共に昨年設けた制限をかなり緩和させました。選手は昨年同様、装着をお願いしていたマウスシールドにも随分と慣れて、 試合の進行を遅らせるということもほとんどありませんでした。

時間をかけて練り込んだ2 日間の進行計画がほぼ滞りなく計画通りに進行できたのは各都道府県本部および各支部から、会員や選手の皆さまに早く正しく伝達されたおかげだと思います。コロナ禍を苦にせず、 皆様の協力体制が作られていることに感謝いたします。

公益社団法人日本空手協会は内閣府認定の公益法人として品格ある青少年育成につとめております。
当会主催の全国大会には、内閣総理大臣杯、及び文部科学大臣杯が授与されております。