ホーム » 各支部活動報告 » 【直轄団体 比呂空会】栗原一晃師範による昇級昇段審査会と 特別稽古会開催

【直轄団体 比呂空会】栗原一晃師範による昇級昇段審査会と 特別稽古会開催

【直轄団体 比呂空会】栗原一晃師範による昇級昇段審査会と 特別稽古会開催

【直轄団体 比呂空会】栗原一晃師範による昇級昇段審査会と 特別稽古会開催

去2月26日、よみうりカルチャー横浜で、総本部の栗原一晃師範ご来訪による第 43 回昇級昇 段審査会と特別稽古を開催しました。

コロナ禍、商業施設内の人数制限がある空手教室のため、3つのグループに分け、1時間の入替 え制で審査会と特別稽古をお願いし、栗原師範には大変なお手数をおかけしました。

第1グループは、5~10 才のいつもは腕白男子4人組なのに総本部師範の前では、緊張のあまり 英語と日本語の道場訓の唱和は小声になり、審査中はぎこちなかったです。ところが栗原師範の 励ましと分かりやすいご指導のお陰で、4人とも立ち方や蹴りなどの稽古を俄然頑張りました。 第2グループは、全員女性で、小学生と大人6人が10~5級の昇級審査に臨みました。他にも 3人が受験予定でしたが、コロナ感染などで参加できず残念でした。第3グループは、昇段審査会 となり、小学生の男女2人と女性3人が初段を、小学生女子が弐段を受験しました。コロナ禍で 自由一本組手の練習がままならなかった上、慣れないマウスシールドを装着しての組手審査では、 間合いや技のタイミングに課題が残りました。栗原師範から、会員たちへ気さくな声がけをはじ め、上級者には腰の動きや自分らしさを活かすようにと高度なご助言を頂きました。会員たちに とって「ユーチューブの先生」と楽しみにしていた栗原師範よりの特別稽古は感動の連続でした。 私自身も指導中苦慮していた「直突が浮くのを直す法」を実践でご指南頂きました。その上、 それぞれの会員手帳に栗原師範のご署名を頂き、会員一同にとって一生の宝物です。本当にあり がとうございました。これから一層精進してまいります。

当会は、2002 年に女性による女性のための空手教室を開講し、2003 年に直轄団体登録して以来、 女性ばかり、初段34名、弐段4名が昇段し、D級指導員資格を1名が取得しました。その上、 今度、栗原師範より男子第一号の初段(小3)を認めて頂き、記念すべき審査会となりました。 今まで20年近く、総本部の今村富雄副首席師範、椎名勝利師範、奥家沙都美師範、椎名舞師範、 また東京都本部の濱田泰洋師範などが昇級昇段審査会の度にお越しくださったご指導のお蔭です。 総本部の諸先生に心より御礼申し上げます。

総本部直轄団体「比呂空会」 菱木ひろみ

 

公益社団法人日本空手協会は内閣府認定の公益法人として品格ある青少年育成につとめております。
当会主催の全国大会には、内閣総理大臣杯、及び文部科学大臣杯が授与されております。