ホーム » 新着情報 » 【第2回アジア・オセアニア空手道選手権大会】 レポート

【第2回アジア・オセアニア空手道選手権大会】 レポート

【第2回アジア・オセアニア空手道選手権大会】 レポート

【第2回アジア・オセアニア空手道選手権大会】 レポート

去る2019年8月17日(土)〜18日(日)まで、タイ国バンコックHuamarkインドアスタジアムに於いて第2回アジア・オセアニア空手道選手権大会が、約470名の参加を得て盛大に開催されました。結果的にはすべての種目に於いて、日本勢が上位を占めましたが、形・組手共にアジア・オセアニア地区の選手のレベルも上がっており、今後の活躍が期待されます。

又、今回特筆すべきは、生涯空手道を目指し2014年、2018年にJKAアフリカ地区大会で好評を得た、熟練の部(40歳〜60+)をアジア・オセアニア大会でも採用した結果、多くの参加を得た事です。

 

大会のレポートがタイの大村先生が届いています。こちらをご覧下さい。

→ 第2回アジア、オセアニア大会 レポート(PDF-File)

大会結果はこちらになります。

 

 

 

 

 

 

公益社団法人日本空手協会は内閣府認定の公益法人として品格ある青少年育成につとめております。
当会主催の全国大会には、内閣総理大臣杯、及び文部科学大臣杯が授与されております。